アンダーアーマーアウトレット

【ケーブルプレスダウン】アタッチメントにより効果のある上腕三頭筋の部位の違い

ケーブルプレスダウン(トライセプスプッシュダウン)は上腕三頭筋の仕上げトレーニングに最適なアイソレーション種目(単関節運動)です。本種目はアタッチメントの種類により、上腕三頭筋のなかでも効果のある筋肉部位が変化しますので、そのバリエーションを動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■ケーブルプレスダウンが効果のある筋肉部位

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

ケーブルプレスダウンは上腕三頭筋に効果がありますが、そのアタッチメントやグリップ方法により効果のある部位が長頭・短頭(内側頭・外側頭)と変化します。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■上腕三頭筋短頭に効果のあるケーブルプレスダウン

ストレートアタッチメントで行う、手を水平にグリップするケーブルプレスダウンは上腕三頭筋のなかでも外側に位置する短頭(内側頭・外側頭)に効果があります。

●ストレートバーアタッチメント

こちらがストレートバータイプのアタッチメントです。

■上腕三頭筋長頭に効果のあるケーブルプレスダウン

Vバーアタッチメントやロープアタッチメントで行う、手を縦にグリップするケーブルプレスダウンは上腕三頭筋のなかでも内側に位置する長頭に効果があります。

特にローププレスダウンでは、フィニッシュポジションで手をやや回内(手の平を後ろに向ける方向)旋回しつつ外側に広げることで、上腕三頭筋長頭が完全収縮します。

●Vバーアタッチメント

こちらがVバーアタッチメントと呼ばれるもので、ストレートバーのように水平グリップから縦持ちグリップまで対応でき、トライセプスプレスダウンの基本となるアタッチメントです。

●ロープアタッチメント

こちらはロープアタッチメントと呼ばれるものですが、上腕二頭筋・カール系種目用(短いタイプ)のものと、上腕三頭筋・プレスダウン系種目用(長いタイプ)のものがありますので、間違わないように注意してください。

シングルハンドアタッチメントをリバースグリップで握り、片手ずつ行うケーブルプレスダウンも上腕三頭筋長頭に効果的です。こちらも上記の旋回運動を取り入れることで効果が倍増します。

●シングルハンドアタッチメント

こちらがシングルハンドアタッチメントです。さまざまな種目の細かい仕上げに重宝します。

▼さらに詳しいケーブルアタッチメント情報

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

▼マシントレーニングなら

▼上腕三頭筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする