アンダーアーマーアウトレット

【ナローグリップベンチプレス】上腕三頭筋に効果的なバーベル筋トレ

ナローグリップベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)は上腕三頭筋に効果的なバーベル筋トレです。そのやり方を動画をまじえて解説します。

スポンサーリンク

■ナローグリップベンチプレスが効果のある筋肉部位

●大胸筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:だいきょうきん
英語名称:pectoralis major muscle
部位詳細:上部中部(内側)下部
起始:鎖骨の内側胸骨前面第2~6肋軟骨腹直筋鞘前葉
停止:上腕骨大結節稜

●三角筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:さんかくきん
英語名称:deltoid muscle
部位詳細:前部中部(側部)後部
起始:鎖骨外側前縁肩甲骨肩峰肩甲骨肩甲棘
停止:上腕骨三角筋粗面

●上腕三頭筋の英語名称・構造・部位詳細・起始停止


読みかた:じょうわんさんとうきん
英語名称:triceps
部位詳細:長頭外側頭内側頭
起始:肩甲骨関節下結節上腕骨後面上腕骨後面
停止:尺骨肘頭

ナローグリップベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)は上腕三頭筋を中心として、他の上半身の押す筋肉=大胸筋・三角筋にも効果があります。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■ナローグリップベンチプレスの動画とやり方

ナローグリップベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)の模範的な動画がこちらです。肘を開き気味に行うと上腕三頭筋短頭(内側頭・外側頭)に、肘を閉じ気味に行うと上腕三頭筋長頭に効果があります。

こちらが、上腕三頭筋の構造になります。ご参照ください。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

ナローグリップベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)は、手幅を狭めすぎると手首関節に大きな負担がかかります。痛みをともなわない範囲で、手幅を狭めて行ってください。

また、ベンチプレスバリエーションの前に、基本となるフラットベンチプレスの基礎をしっかりと固めることをおすすめします。

▼全日本王者執筆記事

■筋トレについて調べる


■ナローグリップベンチプレスの順番と回数設定

ナローグリップベンチプレス(クローズグリップベンチプレス)は、大胸筋・上腕三頭筋の複合関節運動ですので、大胸筋プレス系トレーニングの最後に行い、その後にフライ系種目・三角筋種目・上腕三頭筋種目を行ってください。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼バーベル筋トレなら

▼大胸筋の筋トレなら

▼筋トレの全てはこちら

シェアする

フォローする