【チャーシュー&じゃがいもの中華風炒め】筋トレ後におすすめの筋肉飯レシピ | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【チャーシュー&じゃがいもの中華風炒め】筋トレ後におすすめの筋肉飯レシピ

トレーニング情報について調べる

バルクアップ筋トレ後の食事としておすすめの、チャーシューとじゃがいもの中華風炒めの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■じゃがいもが筋トレに良い理由

●レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多い

じゃがいもに含まれるデンプンには、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん・耐性でんぷん)と呼ばれる小腸で吸収されない(されにくい)タイプのでんぷんの比率が多く、白米のご飯などに比べると同量でのカロリーが低いという特徴があります。

これが、じゃがいもが筋トレに向いている食品と言われる理由です。

*一般的なでんぷんは1gあたり4kcalですが、難消化性でんぷんは事実上2kcal程度とされています。

■チャーシュージャガイモ炒めの材料

こちらが、今回の材料のチャーシュー切り落とし・じゃがいも・ニンジン・キャベツです。

■筋トレについて調べる


■チャーシュージャガイモ炒めの作り方

まずは、皮をむいてカットしたじゃがいもとニンジンをレンジで余熱します。

じゃがいもの下ごしらえができたら、チャーシューをテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

チャーシューが焼けてきたら、余熱しておいたじゃがいもとニンジンを加えて炒めていきます。

じゃがいもを崩さないように、注意して炒めます。

次に、ザク切りにしたキャベツを乗せます。

キャベツをセットしたら、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

蒸し上がりました。

味付けは、鶏ガラスープの素とオイスターソースなどを使い、中華風にしました。

仕上げに、クッキングバーナーでチャーシューとじゃがいもを炙って風味を高めます。

美味しそうに出来上がりました。

美味しくて筋肥大にも効果的ですので、是非、お試しください。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする