【筋肉をつける親子丼ラーメン】筋トレ翌日の朝食におすすめの食事メニュー | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【筋肉をつける親子丼ラーメン】筋トレ翌日の朝食におすすめの食事メニュー

トレーニング情報について調べる

筋トレ翌日の朝食にも最適な、筋肥大バルクアップ向け親子丼ラーメンの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■筋トレ親子丼ラーメンの材料

こちらが、今回の材料のインスタントラーメン・卵2個・鶏もも肉(皮なし)200g・オクラです。それぞれのカロリー・栄養素は以下の通りです。

〇インスタントラーメン1袋のカロリー・栄養素

エネルギー:445 kcal
タンパク質:10.2g(40.8kcal)
脂質:17.1g(153.9kcal)
炭水化物:62.6g(250.4kcal)

サッポロ一番みそラーメン公式ページより参照

〇卵2個あたりのカロリー・栄養素

エネルギー:151kcal
タンパク質:12.3g (49.2kcal)
脂質:10.3g (92.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

〇鶏もも肉(皮なし)200gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:58kcal
タンパク質:9.4g (37.6kcal)
脂質:1.9g (17.1kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

これらを合算すると、合計タンパク質約35g(140kcal)+筋肉合成カロリー約420kcalとなり、筋肥大バルクアップの黄金比率である「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3となり、最適な栄養素バランスであることがわかります。

■筋トレ親子丼ラーメンの作り方

●ラーメンの麺は一度洗ってカロリーカットを

まずは、皮を取り除いた鶏もも肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに加熱していきます。

鶏肉は分厚く、火が通りにくいので弱火で蓋をして加熱すると、焦がさずに中までしっかりと火が通ります。

鶏もも肉に火が通ったら、溶き卵とオクラを加えて、さらに加熱していきます。

こちらも、弱火で蓋をするのがポイントです。

ラーメンはたくさんのお湯で茹でるのがポイントです。

麺が茹で上がったら、一度ザルに受け、余分な脂質を洗い流してカロリーカットを行います。

この過程を加えることで、10~20%のカロリーカットになると言われています。

あとは、別に作ったスープを加え、親子丼の具を乗せれば完成です。

是非、お試しください。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

■筋トレについて調べる


■筋トレの食事メニューなら

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする