【ダンベルキックバック】上腕三頭筋長頭を追い込む単関節筋トレ

ダンベルキックバックは、上腕三頭筋のダンベル筋トレのなかでも仕上げトレーニングに最適な種目です。そのやり方を動画をまじえて解説します。

■ダンベルキックバックが効果のある筋肉部位

ダンベルキックバックは上腕三頭筋に効果的なダンベルトレーニング種目で、時に上腕三頭筋長頭に効果があります。

動作のなかに回内(小指を上に向ける方向)動作を組み込むことで、上腕三頭筋長頭への刺激が倍増します。

■ダンベルキックバックの動画とやり方

こちらが、ダンベルキックバックの模範的な動画です。

ダンベルを持ち上げるだけでなく、回内ひ方向への捻り動作を取り入れることで、上腕三頭筋長頭に対する効果が倍増します。

■ジムトレーナーとしての実際の指導ポイント

ダンベルキックバックは、ただ後方に肘を伸ばしてダンベルを上げるだけでは、上腕三頭筋長頭は完全収縮しません。

肘を伸ばしたポジションで、やや手の平を回内(手の平を上に向ける方法に回旋)させることで完全収縮し、効果も倍増します。

■ダンベルキックバックの順番と回数設定

ダンベルキックバックは、上腕三頭筋の仕上げ向きの種目であり単関節運動なので、プレス系などの複合関節運動、プレスダウン系の中負荷単関節運動の後に、軽めの重量でゆっくりとした動作で効かせるようにします。

また、適切な1セットの負荷回数設定は以下の通りです。

○筋肥大トレーニング:6~10回

○通常トレーニング:15回前後

○ダイエット筋トレ:20回以上

▼関連記事

【筋トレの正しい順番】基本理論と各筋肉部位別の具体例も解説

【筋トレ目的別の回数設定】筋肉の種類別に最適な負荷で鍛える

▼おすすめのダンベル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする