【筋トレの本質的な目的】本来の鍛える理由は競技能力向上のため | GLINT
アンダーアーマーアウトレット

【筋トレの本質的な目的】本来の鍛える理由は競技能力向上のため

トレーニング情報について調べる

昨今は「筋トレ」=「筋力トレーニング」がブームとも言える盛り上がりで、メディアなどでも筋トレに関する情報が溢れています。

このような筋トレブームが訪れるはるか以前、30年前から筋力トレーニングを実践している立場から、筋トレの本質的な目的および鍛える理由を、原点に戻って解説します。

スポンサーリンク

当サイト運営ショップ

■筋トレとは何?

●競技能力向上のための手段

筋トレとは、正しくは筋力トレーニングと言い、筋力を向上させて競技能力を高めるために考えられ発展してきたメソッドです。

現在では競技能力向上以外の目的のために身体を鍛える人が増えてきており、その原点が忘れられがちではありますが、あくまでも近代ウエイトトレーニングはスポーツ科学とともに進化してきていますので、これは本質であり純然たる事実です。

-------【人気記事PR】-------
---------------------

■筋トレ=筋肉トレーニングという誤解

最近では、筋トレという略語が「筋力トレーニング」なのか「筋肉トレーニング」なのか、どちらが正しい由来なのかもあやふやになっていますが、これは、筋肉を鍛えて体型を変えることを目的にウエイトトレーニングを行う人が増えてきたからではないでしょうか。

筋トレは、筋肉をつけることが目的ではなく、筋力をつけてスポーツ競技で勝利することが目的であり、その副産物として筋肉がつくだけです。

階級制競技者としては、むしろ筋肉が増えず、筋力だけが向上するほうが有利なくらいです。

■筋トレしてモテたいという思考

●全く社会に貢献していない

昨今のメディアに溢れている筋トレ情報の多くは、筋トレをしてカッコいい細マッチョになるであるとか、筋トレダイエットをして綺麗に痩せたいであるとか、「モテたい」「身の回りの人より優位に立ちたい」といった、およそ筋力トレーニングの本質とは外れた事柄を目的として記述されています。

もちろん、筆者もトレーナーとしてそのようなニーズがあるので、運営ジムで指導をしたり、運営サイトで情報を執筆したりしますが、少なくとも競技者として原点を忘れないように心がけています。

「筋トレして理想の身体になりモテたい」というのは、あくまでも個人的な小さな欲求であり、本来の筋力トレーニングの志向する目的である、スポーツ競技能力を向上させて実績を得る(個人としては)、国際大会において国威を高める(国家としては)ということを啓発することが、競技者・指導者の本分であると戒めています。

体型を変えるために筋トレをするのは亜流であり、競技のために筋トレをするのが本流です。

■筋トレをして頂点を目指そう

●そして社会にフィードバックを

筆者が、これから筋トレを始める人、特に多くの可能性を秘めた若い人に伝えたいことは、「筋トレをして競技者として頂点を目指そう」、そして「国際競技者として国家に貢献をし、引退後はその過程で得た知見を社会にフィードバックし、社会貢献をしましょう。」

ということです。

筋トレをしてモテたいとか、身の回りの人より優位に立ちたいとか、そんな志の低い考えは捨て、純粋に筋力トレーニングに励んでみませんか?

■筋トレについて調べる


■この記事を読んだ人におすすめの記事

【筋トレのモチベーションを上げる名言】何のために鍛えるのかを明確にする思考方法

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

シェアする

フォローする