【カレイの煮付け】休日には魚介類で血液と体調を整えよう|煮付けには水を入れない

筋トレ効果を高めるためのタンパク質摂取として、すぐ調理できて便利なのが肉類ですが、肉ばかり食べていると血液が酸性に傾いたり、コレステロールが気になりますよね。

時間のある休前日や休日には、少し手間をかけて魚介類の食事を作り、血液や体調を整えるのも大切です。

こちらの料理はカレイの煮付けです。

一番大切なコツは…

「水を入れない」

ということです。

まず、表面を軽くフライパンで焼き(煮崩れ防止)、その後、野菜・みりん・醤油をいれてとろ火でゆっくりと煮付けていきます。野菜と調味料と魚自体の水分だけで十分です。美味しく煮つけを作りたければ、絶対に水は入れてはいけません。

カレイは通販でまとめ買いして冷凍しておくのが便利です。煮付けにするのなら、鮮度はあまり関係ありません。

また、どうしても料理に自信がないという方は、こちらのような本格的な専門店のものを購入するのもよいでしょう。意外とリーズナブルです。

肉類の副菜もそえて、アミノ酸バランスを調整するのもお忘れなく!

チンジャオロースは細切り肉を使うと上手にできます。こちらも、まとめ買いならお得です。

また、時にはちょっと贅沢な具材を入れてみるのもよいでしょう。

(記事本文ここまで)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク