【懸垂】バーから顎を出して1回って誰が決めたの?確実に背筋に効く正しいやり方

懸垂・チンニングに関してよく言われることに、「バーから顎を出して1回」というものがあります。

もちろん、背筋群(僧帽筋・広背筋)+上腕屈筋群(上腕二頭筋・上腕筋)の総合的トレーニングとしての懸垂・チンニングでは、それはある意味正しいでしょう。

しかし、背筋トレーニングとしての懸垂・チンニングとして考えた場合は、それは非常に非効率な方法と言えます。

▼正しい懸垂のイメージ図▼

背筋に対して最も効果的な懸垂・チンニングのフィニッシュポジションは、この図のように胸がバーについた状態です。

これにより、肩甲骨が完全に寄り、背筋群が完全収縮します。なお、背筋群と首の連動性の関係から、顎は上げて首を後傾するとより一層背筋群は強く収縮します。

逆に「顎をバーより上にする」イメージに固執すると、顎を突き出そうと背中が丸まった状態となり、背筋群はほとんど収縮せず、上腕屈筋群で動作を行ってしまうことになります。

こちらが、理想的な懸垂・チンニングのフォームです。ぜひ、ご参照下さい。

●懸垂・チンニングにおすすめの器具

できれば、このクラスのしっかりとした懸垂ラックでトレーニングをすることをおすすめします。

おすすめできる最もリーズナブルな懸垂ラックがこちらです。これよりも安価な「健康ぶら下がり器」として販売されているようなものは、強度面からおすすめできません。

また、こちらのような、簡易型の懸垂装置もかさばらずおすすめです。

(記事本文ここまで)

▼この記事を読んだ人におすすめの記事

▼発想の効率的筋トレ

▼筋トレの全てを解説

シェアする

フォローする