【うなぎ】豊富なビタミン群とDHA・EPAで筋肥大にも最適

うなぎはタンパク質だけでなく、ビタミン群と不飽和脂肪酸が豊富で筋肥大にも健康にもよい筋トレ食品です。

その栄養成分やリーズナブルな通販商品をご紹介します。

■ウナギのカロリーと栄養

画像引用:wikipedia

標準的なうなぎ一匹(200g)のカロリーと栄養素は以下の通りです。

エネルギー:510kcal

タンパク質:34.2g (136.8kcal)

脂質:38.6g (347.4kcal)

炭水化物:0.6g (2.4kcal)

脂質が多めですが、かなり高タンパク質でカロリーとタンパク質両方が必要な筋肥大トレーニングには優秀な食品であることがわかります。

また、ビタミンAのほか、筋合成に不可欠なビタミンB群、ホルモン分泌に大きく関わるビタミンEも豊富です。

加えて、脳細胞の必須脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)、中性脂肪を減少させるEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれており、健康食品としても優秀です。

■おすすめのうなぎ

うなぎと言えば、近年は高級品のイメージがありますが、ネットで探せばかなりリーズナブルなものも少なくありません。今回、購入したうなぎはこちらの商品ですが、国産でしっかりとした身と味でした。

また、国産にこだわらなければ、さらにリーズナブルに入手が可能です。

■おすすめのコラボ食

うなぎは高タンパク質高カロリーなので、低カロリーでタンパク質の多い赤身牛肉との相性が抜群です。

がっつりと鍛えた日にはステーキと蒲焼のコラボがおすすめです。

▼関連記事

(記事本文ここまで)

▼メイン記事に戻る

シェアする

フォローする