【筋トレ後の夕食例】他品目タンパク質を中心に炭水化物もしっかり摂取

■筋トレをした日の夕食

●多品目のタンパク質と十分な炭水化物を摂取

筋トレをした日の夕食には、まずたっぷりのタンパク質をとりましょう。

また、単一のタンパク源ではなく、複数品目を同時に摂取することがアミノ酸スコアの観点からも大切です。

肉類・魚介類・大豆食品・乳製品・卵などを組み合わせるのが理想的です。

最近の食事例をご紹介します。

●肉類・魚介類・卵の組み合わせ

サワラの塩焼き・豚キムチ・天津卵(大豆入り)です。できれば、三品目以上のタンパク質を摂取しましょう。

なかなか料理が手間なのが大豆ですが、業務用水煮大豆を常備しておけば、手間いらずでリーズナブルに大豆を摂取することができます。

また、筋肉の合成には材料となるタンパク質のほかに、その燃料となる炭水化物も重要です。

こちらは、カレーうどん風焼きうどんに豚肉とチーズをトッピングしたものです。

こちらは牛赤身肉と厚揚げを主体にしたすき焼きです。

微量元素の含有量などから、鶏肉よりもベストなのが脂の少ない赤身牛肉です。

牛肉はやや高価なイメージがありますが、まとめ買いすれば意外とリーズナブルです。

▼おすすめ記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする